オートフォーカス平行光測定システム
オートフォーカス平行光測定システムの製品開発は、平成10年に開発し現在に至るまで30システム以上 の出荷と世界市場で年間生産される光ピックアップの30%の検査実績を持ちます親機に当る平行光測定 器をベースに完全自動システム化した製品です。

主たる機能は、被測定物面に平行光(コリメート光)を照射、その反射ビーム光を自動フォーカスし、 カメラでとらえ画像分析、三角法による演算がなされ計測結果をモニター上に**時**分**秒と 方位時計で表示する。又その時の基準光軸とのなす角度も同時に**時**分**秒と方位時計で表示する。
   
オートフォーカス平行光測定器は、従来型の手動部分を排除し全自動計測器とし計測上の個人誤差を取り 除いています。特に自動製造ラインに設置できる様アラーム等各種信号出力が用意されています。